周囲と比較してモチベーションを上げる

実際にフィットネスクラブに通っている方の中には腹筋のシックスパックはもちろんのこと、筋肉で腕が太い人、胸板が厚い人など筋肉質な人がたくさんいます。そのため、フィットネスクラブに通いそのような人と出会うことで自分の体型と比較し、もう少し筋トレをしなければあの人に勝てないと思いやる気を上げて筋トレに励むことができる可能性があります。このように目標の人物像を設定し、その人になるべく近づくために努力することも筋トレを続けるコツと言えるのではないでしょうか。

一方でフィットネスクラブではなく自宅で筋トレをする際には比較する相手がいないため目標の人物像を設定することが難しくなります。確かにテレビで活躍する著名人の中には筋肉質な方もいますが、自分と身近な方ではないため、目標の人物像として設定できない人もいるでしょう。

フィットネスクラブに通うことにより、目標の人物像を設定できる、他の人の身体と比較できるという利点から筋トレを続けられる方も珍しくないでしょう。当然筋トレをしている最中は皆、Tシャツなどを着用していますから直接筋肉を伺うことは難しいですが、スイミングをする時や着替える時などに比較することができます。

Pocket

無理のない目標を立てる

筋トレを始めようと思われている方の多くは一般的に目標を持っています。目標とはそれぞれの方で異なるでしょう。例えばダイエットをするために筋トレに取り組もうと思われている方は20キロ痩せることを目標にしている方もいます。運動不足という悩みで筋トレを始めようと思われている方の中にはランニングマシンで30分連続で走り続けることを目標にされる方もいます。目標を立てることは自分自身を成長させるためには重要なポイントではありますが、あなたの立てた目標に無理はありませんか。

無理のない目標を立てることは筋トレを続けていくためのコツの一つです。無理のない目標とは例えば上記の例では20キロ痩せるのではなく、まずは3キロや5キロに設定をして目標のハードルを下げます。確かにこの人の最終的な目標は20キロ痩せることかもしれませんが、いきなりそれに向かうと途中でモチベーションが下がり筋トレが続かなくなる可能性があります。

目標は高すぎると続かなくなる方が多いですから、段階的に設定を行いまずは初めの目標を達成することを目指します。ハードルの低い目標であっても達成をすることで自分の自信に繋がり、それがモチベーションの向上に繋がる可能性があります。

Pocket

筋トレをすることを習慣にする

環境を整えることで筋トレを継続的に続けられる可能性が高まりますが、その他にも筋トレをすることを習慣にしてしまうこともコツの一つです。習慣にすることで自然に筋トレに向かうことができる可能性が高くなります。身近な習慣としては朝起きてから歯を磨く、寝る前に読書をすることなどが挙げられます。習慣化すれば自然に筋トレを続けられるため、筋トレの効果を得られる可能性があります。しかし、習慣にするためには数多くの日数が必要です。

基本的に筋トレを自分の習慣にしようと思った時、3カ月続けなければなりません。基本的に若い頃から部活動で筋トレをしている方は3カ月続けるのは簡単なのではないか?と思われる方もいますが、運動を今まであまり積極的に行ってこなかった方にとってはとても長い期間に感じられる人も少なくありません。また、自宅では3カ月続けられないという方も珍しくないでしょう。

フィットネスクラブに通うことを習慣にするには、筋トレの指導を受けたり仲間を作りながら筋トレをしたりすれば自宅よりも続けられます。また、マスターズ大会といったイベントを行っているフィットネスクラブもありますので、そこで仲間を作り一緒に協力すれば通い続けていくモチベーションが高くなります。

Pocket

フィットネスクラブに通うことは筋トレを続けるコツの一つ

筋トレを続けたいが三日坊主で終わってしまった、一カ月続けることができたが、気がついたら仕事が忙しくなり途中で筋トレを止めてしまったという経験をされた方もいるのではないでしょうか。筋トレは基本的に苦しみを伴うケースが多く、意志が固くなければ、もともと筋トレが好きな方でなければ続かないというケースは珍しくありません。例えば腹筋を連続で100回すると、体力がない方は息が上がったり、筋肉に痛みが伴ったりします。なかなか続けることが難しいと感じる方も多く、2日間は続けられたが、それ以降は続かないという事態になります。

筋トレの仕方は主に二つ挙げられます。まず一つ目は自宅で行うやり方です。現在では筋力トレーニングのための器具がスポーツ用品店などでも販売されていますが、それを購入して励むことができます。また、器具がなくても簡単な筋トレをすることは可能です。一般的に器具なしでできる筋トレは腕立て伏せや腹筋、背筋などです。このように自宅で行えば施設に通う手間がかからず便利に感じる方もいますが、モチベーションが下がってしまい続けられないということもあります。

二つ目はフィットネスクラブに通って筋トレを続ける人もいます。フィットネスクラブに通うことで筋トレの継続のハードルが比較的下がります。なぜなら様々な器具などが備え付けられているからです。

このように筋トレの環境を整えることは筋トレを続けるコツになりますが、その他にもコツがありますからそれを紹介します。

Pocket